FC2ブログ

スペイン・アンダルシアの田舎暮らし

オリーブ畑に囲まれたプチ・ペンション経営 - スローライフ紹介

子供と一緒に体験するスペイン教育制度 ー 頭が痛い

かい3歳
カイ2歳2ヶ月

2年連続 読書コンクール小学生部門金賞受賞
アンダルシア、コルドバ県、読書コンクール小学生部門金賞



息子は小さいころから文字に興味を持ち、本、雑誌、新聞と文字があるものを探し回っては手にとってじーっと見ていました。

息子は3歳弱にInfantil(小学校入学前の保育園に相当する)に入学した初日の休み時間に、教室で見つけた新聞を手に取り、小さな校庭(というより狭い広場)の近くのところに座ってじーっと中身を見ていたそうです。数人のお友達が彼の名前を大きな声で叫んでいたので、臨時で来ていた男性の先生が何かと思って様子を見に行った際、かいの行動に気がつき、こんな子は珍しい、と驚いてぱちりと写真を撮ってくださいました。

本というものに小さいころから興味を示し、自分で読みたいという気持ちが強かったのか、文字を覚えるのが早く本も早くから読めるようになりました。母国語にあたるスペイン語から覚え始めましたが、英語の読みを覚えるのも早かったです。日本語はローマ字と違いやはり難しいのか、あるいは一番使用する量が少ないからか、毎日少しずつやっても、ひらがなやカタカナをなかなかマスターしませんでした。

数字を学ぶのも早く、小学校に入学する前には確実に一桁の足し算や引き算はマスターしていました。日本の環境では”普通”かと思われますが、スペインでは子供の教育、特に学習面に対しては、”勉強は学校で学ぶもの”という親のスタンスがノルマで、でも逆に、あまり子供の学習能力が進んでいると学校の先生方が、”あまりうちでやりすぎるな”、とか、”あまり勉強を進めないでほしい”、と文句を言われました。

特に読み書きをマスターするのが他の子供たちより早かった息子は、自分一人であのぶあつい本を読みたい、学校の教科書もどんどん読みたい、という好奇心旺盛なため、読書のレベルがどんどん進行し、私たちはよく先生方に、”うちでやりすぎるから、学校でつまらなくなってしまってじっとしていられない”とお説教をされましたー。では、なぜ進んでいる子供の能力に対応してあげられないのか、と常に不満があります。


小学校教師の指導方法は?

スペインの義務教育は全体的に見ると日本より大らかで、遅刻してくる生徒も多いのですが先生も同じで、気づかぬうちに授業が始まっていることが頻繁にあります。生徒の能力・適性に合わせて、個々の持つ能力の芽を伸ばすことに指導の重点が置かれいると思っていましたが、これは私の誤解でした。教師の教え方がロボット形式で、スペイン国内場所、学校のサイズなど無関係で、どこのどの学校に行ってもまったく同じ教育形式・内容です。教え方が強引で、個人にあった物事の覚え方や学び方をあまり重視しないと考えます。個性のある先生はいないようです。ガウディーやダリはどういう教師に、どういう教育を受けたのか大変興味があります。

九九の覚え方を例にします。息子は日本語で覚えました。日本語だと、に いち が に、と発音が短いからか覚えやすく、すぐ確実に覚えました。でも学校の先生は、スペイン語でやりなさーい、ウノ ポル ドス ソン ドス (1x2=2)と言われました。

繰り下げの引き算の教え方も同じでした。息子は、10の段から1を借りてきてやる”減加法”が理解できていました。でも先生はそのやり方だと数が5桁になったときにわかりにくくなるから、やり方を変更しなさい、と指摘。その先生の教え方なのか、そういう性格の先生なのか理解できず、ほかの都市に住んでいる友人にも聞いてみましたが、同じような状況でした。

日本とスペインの小学校の先生の一番の違いが反映しているのは、先生が生徒の宿題やテストを採点したときの評価方法。日本だと、”次はもっとがんばりましょう”、とか、”がんばったけれど、次回はもっときれいに書きましょう”、と先生が優しく指摘、注意すると思います。ここができなかったから、”これを復習しましょうね”、などと指導してくれるのも普通でしょう。花丸をつけてくれたり、スタンプやシールを張ってくれたり。スペインでは、先生が赤ペンで、Mal(悪い)とノートに書きます。字が汚いと、Muy Mal(非常に悪い)、同じ問題をもう一度きれいにやり直ししてノートに書かなければいけません。ほめる教育、はないのでしょうか、ただ、お国柄で物事をはっきり言うからなのでしょうか。

すべての教科は1年間で12 ~ 15 トピックあります。そして各トピックは約3~4つの項目に分けられています。つまり、1学期に3 ~ 4トピックを学ばないと教科書が1年で終了しない、という計算になります。内容を良く見ると、簡単なトピックもあり、難しいものもあるので、先生の経験と判断で指導する時間を適切に調節するのかと考えていたら、そうではありせんでした。各トピックが終わるとテストがあります。きちんと理解できていない子供が明らかに存在するのにも限らず、時間オーバーだから次のトピックに進行。指導法がロボット形式、というのはこのことです。
テストが悪くても、復習させたりするのではなく、親は説教されます。”それはあくまで本人と家庭の問題であって、学校ではこういう子供どうするのかの検討は一切しない。つまり、本人がしっかり勉強し、及第点を取ればいい”。

私が息子の学校教育を見守っていて一番つらいことは、子供たちは教科書の練習問題をノートに書き写してから問題を解くことです。タイトルやタイトル番号は赤のボールペンで、問題は青のボールペンで、答えは鉛筆で、と細かく決まっています。国語などの練習問題は、文章が長いときもあります。たった3つの練習問題をやるのに、必要以上に時間がかかるので、時間がもったいないなーと良く感じます。変わりに教科書のトピックや項目名や番号を記入し、何ページ、練習問題の番号を記入したら、わかりやすいし時間の無駄がない、と思うのですが。
先生によると、①宿題を採点するときにわかりやすい、②文字やプレゼンテーションをきれいに書く練習になる、③復習するときに役立つ、④中学校に入るともっと書くことが増えるから、これに向けて準備をさせる、というのが理由でした。

もうひとつは、考えさせる教育を指導しない、ことです。日本だと、私はこういう理由でこのやり方がいいと思います、と算数でも話し合いをしたりしますよね。スペインは、”先生がこう言ったから私はこの方法でやる”、だから、文章問題になるとコンセプトを理解していないから何を求められているのか理解できない子供がたくさんいます。

国語も文法の学習ばかりして、詩や感想文を書いてみんなで話し合うという機会は特別な行事がない限りありません。”時間がない”と先生方は言います。

落第制度

スペイン教育制度で一番ショックな事情は、落第制度です。通知表はすべてテストの点数だけで評価されるのではありません。学校での態度や宿題をきちんとやっているかなども評価されます。上記に少し書きましたが、子供の成績が悪いのは学校の責任ではない為、落第しそうな子供の担任の先生は、Pedagogía(日本の塾みたいなの先生、家庭教師みたいな教育者)をつけなさいとアドバイスします。それでも成績が上がらず、テストも落第点場ばかりとっていると、その科目をもう一度やり直し、またもっと重大なケースは、留年になります。

教育水準がアンダルシアと比較して高いと考えられるマドリッドなどの大都市でも、公立学校では小・中学校でも平均して1クラス25名の中に3~5名留年する子供が毎年います。息子の小学校は田舎の小さな分校で、全生徒数18名のうち、1名が2年生で、3名が4年生で留年しています。これは恐ろしい現状です。スペイン政府は、”それはあくまで本人と家庭の問題であって、学校ではこういう子供どうするのかの検討は一切しない。つまり、本人がしっかり勉強し、及第点を取ればいい”、というスタンスを見直す必要があるはずです。教師のレベル強化、指導方法や教科書内容を開発するなど、方法はいくらでもあるのではないでしょうか。

頭の痛いスペイン教育制度の経験、特に不満な点ばかり今回取り上げましたが、もちろん日本の教育制度が見習わなくてはならない面もたくさんあります。例えば、スペインではいじめ問題が増えているとはいえ、日本のような悪質ないじめは存在しません。これはきっとカトリックの国であるので、宗教教育が教育課程に位置付けられているため(義務では無い)、神様をよりどころとした社会であるから、弱いものをいためるような卑劣な行為は神が許さない、というスタンスがひとつ考えられます。

また、小さい子供が怪我をして泣いたり、いやなことが起きて困っている時など、先生が子供をぎゅっと抱きしめ慰めてあげること。イギリスでは、何があっても先生が子供を触る、ということが禁止になっていて、どんなつらそうにしている生徒がいても、抱きしめて慰めることは教師がしてはいけない行動だそうです。学校側が必要以上に緊張していて、親たちに訴えられたりするのを恐れているからだと思われます。

スペインの子供たちは元気満々です。好き嫌いと物事をはっきり言いますので、子供同士大喧嘩してもその後はみなけろっとしています。息子の将来のためにも、個々の違いや周りの人や状況を尊重し合った教育制度をこれから期待しています。

テーマ:小学生の子育て♪ - ジャンル:育児

日本人挙式

japanese wed (640x427)


6月の半ば、真っ青で雲ひとつない空の下に堂々とそびたつモンテフリオ、という町で行われた日本人カップルの挙式に出席させていただきました。

コルドバの国境近くのグラナダ県の北西隅にあり、観光客であふれる大都市とはまったくかけ離れ、地元の住民がとても暖かく観光客を受け入れてくれる白い村、モンテフリオ。

断崖絶壁の丘の上には8世紀のアラブの城跡に建てられた教会がそびえ立ち、周辺のゆるやかな丘陵地域には白い家々が入り組んで立てられ、まるで迷路のよう。街中には、スペインで唯一の丸い建築物、18世紀の教会があります。アンダルシアで一番美しい村として知られ、観光地化されていなくて素朴なところが何よりの魅力です。写真はこちらからご覧になれます。
http://www.montefrio.org/applets/galery.html

こんなのどかな村で最近は日本人の挙式が人気上昇です。マドリッド在住の日系ツアー会社が挙式をコーディネートしてくれます。
http://go-spain.888j.net/wedding/boda_montefrio.html

グラナダから車で1時間の距離です。是非モンテフリオの村まで足を延ばしてみて下さい。“真のスペイン”を体験できることでしょう。

テーマ:スペイン - ジャンル:旅行

読書の日

少し大きい文字967_1016905_1188119146_n.jpg" target="_blank">Cei

4月23日は読書の日です。このサン・ジョルディ-Sant Jordi(聖ゲオルギウスのカタルーニャ語名、英語読みでは、セント・ジョージ)の日は4世紀にパレスティナで殉教したとされるクリスト教の聖人、ゲオルギウスの命日とされる303年4月23日です。聖グレゴリウスはカタルーニャなど各地の守護聖人となっておりその地域では祝われます。

現代ではスペインや日本では本を贈る、『本の日』と定められています。20世紀の初めにカタルーニャ地方のある本屋が、4月23日は小説『ドン・キホーテ』のスペイン人作家のセルバンテスの命日(1616年)であり、またイギリスの作家シェイクスピアの伝説上の誕生日(1564年)でもあるというこの日を、文学に非常に重要であるというアイデアを元に、贈り物用に本を買うと赤いバラを添えて、本を贈るという風習を布教したそうです。

スペインのあちこちの都市や学校では4月23日近辺にFeria del Libroを祝います。読書に関したイベント、例えば詩人や作家が新作品を披露したり、生徒たちが作文を公表したりお遊戯会をしたり。

現在7歳の息子は小さいときから本が大好きです。字を読み始めたのが早かったので(最初はスペイン語からでした)、彼の読書に対する欲望を満たすためにこちら両親も一生懸命です。週一度図書館に行き、何十冊の本を借りてもぺろりと読みこなしてしまいます。英語も達者に読みこなせます。はじめは大変でしたが、Phonicsという英語の教え方を使ったらすぐマスターしました。日本語はひらがなの本が読めるようになりました。母国語となるスペイン語の本は理解力も深いので、本当の年齢よりも成熟したレベルの本を読んでいます。

このポスターはIznajarで開催された本の日の公式ポスターです。詩人でもあり画家で私たちの友人、Antonio Quintana氏の作品です。彼は私たちの息子のスペイン人のおじとなる存在で我が家ではとても重要な人物です。キンタナ氏はノベル賞受賞の亡Vincente Alexsandre氏の友人で、彼の詩集のアートワークも担当した方です。キンタナ氏の情報は以下のリンクからどうぞ。
http://cordobapedia.wikanda.es/wiki/Antonio_Quintana

2012年4月23日に息子が書いた詩をご紹介いたします。

El Huerto

A la luz de la luna
El huerto parece
Un campo de hortalizas
Más colores que en campo de flores
Con todos los colores
Es paisaje infinito


Por Cei Ridout Murakushi (リダウト 村串 かい)
7 años(7歳)

テーマ:小学生の子育て♪ - ジャンル:育児

フィッシャーマンズ・スープ

新鮮な旬の魚介類を使って、簡単、上品、そしてさっぱりとしたスープをご紹介いたします。

フィシャーマンズ・スープ


Sopa de mariscos al vino (4人分)

材料

魚介類(ムール貝、アサリ) 1.2キロ
大きめなえび 8匹
水 600ml
フィノ酒(又はシェリー酒)250ml
たまねぎ(大)1 薄く輪切り
にんにく 1かけ みじん切り
オリーブオイルのマヨネーズ 大さじ2
レモンジュース 大さじ1
パセリ 大さじ1 みじん切り

コショウ

作り方


1.貝をきれいに洗う。ムール貝は特にひげをきれいに取り、たわし又は貝の口先で殻に付いた藻や苔を丁寧に取り除く。

2.おなべに水、フィノ酒、にんにく、たまねぎを入れて沸騰するまで火にかける。

3.貝類をおなべに入れもう一度沸騰させ、貝が開くまで弱火で火を通す。

4.えびを入れ、ピンク色に変わるまで待つ。

5.暖めたスープ皿4人分に貝とえびだけを取り出して、均等に分けてアレンジする。

6.火は弱火で、なべに残ったスープにマヨネーズを入れ、泡だて器で十分にかき混ぜる。

7.次にレモンジュースとパセリを入れる。塩コショウを調整。

8.このスープをアレンジしたスープ皿にかけ、高品質のエキストラ・バージン・オリーブオイルをほんの少し振りかけて出来上がり。


スペインでは貝類は一年中手に入りますが、冬から春にかけてが旬です。冬の方が肉厚で甘いと思います。

アンダルシアの南のカディスの漁師さんたちは、新鮮な魚介類をこうして船の上でぱーっと料理して、手元に持っていたワイン、特にあちらではヘレスのシェリー酒を入れた10分クッキングがお得意です。

熱々で焼きたてのパンをお忘れなく。


テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ

パートタイムのオリーブ農家もやっています

オリーブ収穫の季節がここアンダルシアに再び到着ました。私達の友人に頼まれて今年もまた収穫のお手伝いをすることになりました。先日その友人たちが、“あなた達はまた今年もブロ(ロバ)のように力仕事をできるかしら?今年の収穫は4月末まで延長しそうだから、短期間でも良いから手伝ってくれないかしら?” 1月と2月の観光シーズンは比較的静かなので、毎年暇をみては彼らを助け、私達は彼らから田舎の暮らし術を学びます。実際にオリーブの業界ではわからないことが沢山あるのです!

Olive Harvest

数年前に私達はオリーブの土地をたくさん所有しているホセファ婦人と夫のルイルさんと働いたのが初めてでした。冬の1月から2月にかけて、緑色で硬いオリーブの実が成熟し紫色へ、最終的に黒に変わったころ、食用オイルのために収穫します。オリーブの価格は原油と同様でコモディティーの1種ですから、株式や株式金融市場のように変動します。このオリーブ農家の人々は、ウォール街で働く証券ブローカーのように、価格の変動やディネロ(お金)の話を一日中しながら収穫の仕事をします。

収穫の仕事は想像以外に重労働です。収穫時期は冬なので、アンダルシアの内陸は霜も降りますし雪も降りまから まず寒く、腕をいつも上げて収穫するので腕や肩がまず痛くなり、オリーブの実を地面から拾うので足腰にも負担がかかります。また砂やほこりが舞うので目も痛くなり泥だらけにもなります。こんな労働環境で一日7時間行うのはなかなかきついものです。

私たちはこのオリーブ農家のご夫婦と6年間もの近所付き合いがありますが、実際に共通点はあまりなく、でも会話に笑いはたくさんあります。最初の頃はオリーブについて彼らから多くのことを学びました。スペイン国内ではオリーブ品種は16ほどありますが、世界でもっとも品質の高い高級なオリーブ・オイルの産地である、ここアンダルシアのスベティカ地域では、ほぼ3品種栽培されています。私達の土地では、約30本のオリーブの木があります。そのうち何本かは約200年、他の木は10年から50年物です。また、どんな肥料を与えるか、木に付く病気の治療、害虫、特にオリーブバエといわれる小さな虫を除去するにはどうしたらよいかなど学んできました。また、翌年の収穫に備えて、新しい芽や枝が生えるように古い枝、弱った枝、死んだ枝を収穫後に切りとります。素人には簡単に見える作業ですが、実際にはとても知識、技術そして経験を必要とした作業です。彼らはこの枝の切り方の方法を心と体でで知っているのわけで、つまり巨大な電気こぎりのアーティストの生きた作品が生まれるわけです。

毎日の収穫の仕事は、午前9時に開始されます。私たちの息子が9時に村の学校へ行くと私たちは近くのオリーブ畑へ向かいます。まず、長さ15メートル、幅5メートルのネットを木の下の地面に広げます。次に、地面が平らである場合は簡単ですが、斜面がある場合、オリーブの実がネットから逃れられないようにペッグを使ってネットの端を上げます。彼らは1つのオリーブの実を失うことを嫌がるわけです!そして、長い木製の(伝統的なタイプ)またはファイバーグラス(近代的なタイプ)で木の枝を揺すります。叩いている様に見えますが、コツは棒の先をやさしく枝の下に引っ掛けてすばやく揺することです。ルイスはバイクのエンジン程度のパワーのあるシェイカー機械を使用します。彼の横で二人ほどで棒を使ってさらに実をふるい落とします。平らな土地で、比較的成熟した木を収穫する場合には、ルイスがトラクターに大規模な機械のシェーカーを取り付け、オリーブの木全体を揺することも可能ですが、この地域は平らな収穫場はほとんどないのでこの方法で収穫した経験はまだ2回ほどです。

ネットに落としたオリーブの実は、同時に落ちた不要な枝や葉を取り出した後、ネットを移動させることでかき集めます。その後、オリーブの実を傷めないように天然繊維製のやわらかい袋に入れます。実に傷が付いたりつぶれてしまうと発酵し始めてしまい、オリーブの品質が落ちてしまいますから大事に実を収集します。

私達がこの農家を買った2002年、そして改造の終り英国から移住してきた2004年の冬に初めて自分達のオリーブの収穫を覚えました。30本のうち収穫できたのは約20本のみ。一般的に成熟した50年以上のオリーブの木一本から100~200キロの実を収穫できます。ですから私達の初収穫は計400キロと貧弱な結果でした。私達の家の前の家主の方達はお年寄りでしたから、私達が購入する何年も前から収穫を止められていて、オリーブの木々は忘れらた存在であったわけです。長時間労働したにもかかわらず、たいした金額にはなりませんでしたが満足感がありました。私は息子がまだ生まれたばかりの赤ちゃんでしたから背中に背負って、主人が振り落としたオリーブの実をかき集めました。地元の小さなオリーブ工場に販売し少しのお小遣いを手に入れました。きっと地元の人々は変な外国人たちと笑っていたはずです!

13:00くらいになると1時間のランチ休憩を取ります。私たちは皆で、ナッツ、チョコレートやケーキ、エキストラバージンオリーブオイル(もちろん)付きの自家製パン、ハモン(セラノ・ハム)、チョリソ、サラダ、果物などをつまみます。ルイスたちの食べる日常の食事はとてもベーシックですが、ハムやチョリソはすべて手作りです。毎年夏ころに2頭ほどの子豚を購入し、11、又は12月ころまで農家でオーガニック方法で育てます。その後、マタンサといわれる豚を殺してハムやチョリソを作る行事が各家庭で行われます。寒い中隣近所のみんなで助け合ってハム、チョリソ、モルシージャ(血のソーセージ)、サラミ、ラードなどを1週間くらいかけて色々準備します。ハムは塩漬けにして数ヶ月寝かせます。自家製の肉製品はスーパーで買うものとは味が比べ物になりません。

私たちは時々カボチャのスープや鶏肉と冬野菜のスープなどを持参し、皆で楽しみます。Finca Las Encinas どんぐりの木の家の仕事は、宿泊提供だけでなく食べ物についての研究も熱心にやっております。地元の人々は非常にベーシックでレパートリーも比較的少ない食生活をされていますが、常に新鮮な旬の材料を使った家庭料理を作られています。ホセファの料理は豚の丸焼きやポークチョップのグリル、自然海塩だけで香辛料はほとんど使用していませんが、これまたベテランの味。それは家庭で飼育した有機豚を料理しているからこそ楽しめる味です。

食べ物の話題の後、私たちは家族につして話します。その後は、彼らは近所の人について情熱的におしゃべりを開始します。私達も顔見知りである75歳でエル・ボニート、と呼ばれるフアンという老人は、13人の子供と45人の孫を持っていることを発見したのは先日の事。でもここで私達の興味は止まってしまい、オリーブの木下で静かにゆっくり休憩を取ります。ルイスの兄弟がビールを持って遊びに来た場合は別ですが。

昼食後、我々は再び収穫の仕事を再開します。一日に7時間の労働で 私たちの4~5人のチームで、12~15本の木をクリアすることができます。平均で3日間でオリーブの実を3トン以上収穫します。ここアンダルシアには産業用目的のために登録された木が2億本以上があり、スペインは世界でオリーブ・オイルの最大の生産国であり、75%以上がアンダルシアで生産されています。私達の収穫したオリーブの実がこの統計に反映させているのです。

ルイスは、市場価格に応じてオリーブの農協や民間の小さなオリーブ工場にオリーブを売りさばきます。時にはその工場で販売し終わるまでの旅がトラクターで往復して数時間かかります。私達は一日の収穫作業の7時間後、午後5時半~6時の帰宅となります。完全にエネルギーを消耗してしまいます。私たちの息子を保育所に迎えに行き、彼は私たちに飛び付いてきます。サッとシャワーを浴び終わったとたんに、質問で止まらない長い会話を息子とします。私たちは夕食を食べ、やっとリラックスして一日の疲れを癒すことができます。

Olives

私たちはオリーブ・オイルの“本場”のアンダルシアで、地元のベテランの農家の方々とオリーブ畑で収穫作業を経験した後は、店で販売されているオリーブ・オイルのボトルを見る度にそのオリーブと呼ばれる輝く果実が頭から離れません。これこそアンダルシア田舎暮らしの中でもっとも素晴らしい経験の一滴となっています。

テーマ:スペイン - ジャンル:旅行

プロフィール

村串マイテ

Author:村串マイテ
My AndaluciaFC2ブログへようこそ!
私、海外永住暦25年。人生の半分以上を日本国外で過ごす、まさしく浦島花子。日本からイギリスへ、イギリスからスペインへ。それもなんでまたこんな田舎のアンダルシアでプチ・ペンションなんか経営しているのでしょう。そうなんです、私はストレス、プレッシャーの多いロンドン金融業界から足を洗い、プロのシェフの主人と二人で一緒に情熱を持ってできる新しい道を切り開こうという夢が種となってふくらんだのです。
畑を自分たちの手で肥やして大事に大事に無機農薬・オーガニック方法で育てたトマトは真っ赤で丸々。ピーマンもナスも少しへんてこな見かけですが、味がとても濃い。5歳の息子もおなかがすくと畑へ行って、赤々したチェリートマトをもぎってその場でせっせと食べています。
スローライフって体にも心にもいいですね。おかしな日常生活のエッセイ、スペイン料理のレシピー、のんびり子育ての話、日本・スペイン文化の比較など豊富な課題を掲載させていただこうと思います。是非私のブログを読んで下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR