FC2ブログ

スペイン・アンダルシアの田舎暮らし

オリーブ畑に囲まれたプチ・ペンション経営 - スローライフ紹介

8世紀のお城で野外クラシックコンサート

日本人ピアニスト


プログラム

2012年ピアノコンサート
新聞記事リンク(スペイン語)

YouTubeでコンサートのクリップがお聞きに慣れます。
http://www.youtube.com/watch?v=TA81RW9SusM(シューベルト)
http://www.youtube.com/watch?v=LlAbSujWeA8(ショパン)

日本人ピアニストで友人の寺師真理子さんは、現在英国在住です。でも彼女は音楽の勉強を日本で終了された後フランスのパリへ渡られ、Germaine Meunier (ジェルメーヌ·ムニエ )の下で勉強を続けました。そして、Ecole Normale de Musique de Paris(エコール·ノルマル・ミュジク・デュ・パリ)で学位を得た後は。、Ivonne Lefébure(イヴォンヌ・ルフェビュール)と、フランスとロマンチック音楽の幅広い音楽的なレパートリーやプログラムを改善することを目指しました。

1983年には、Conservatorio Europeo de Paris(音楽院ヨーロッパ·ド·パリ」のマスターを取得し、それ以降、財団Cziffra(シフラ)の最優秀賞を受賞するほど、彼女の音楽の才能を認められた第一歩となりました。

1995年に英国にフランスから移動後、真理子さんはコンサートのシーンで定期的に活動され、最近では2枚のCD、「スカルラッティ、セイシャシュ、クープラン、ラモー"、と"お気に入り"を録音しています。チャリティーコンサートやボランティア、音楽教育のほうも忙しく活動され、ポーランドの体の不自由なアマチュア音楽家とその家族で成り立つオーケストラのチャリティー・グループの創立者の一人でもあります。

その後、彼女はHuguette Dreyfus(ユゲット·ドレフュス)、この時代で唯一有名なチェンバリストと共に、フランス音楽とチェンバロ(ラモー、クープラン)のための勉強を続けました。彼の厳しい教えの下で、真理子さんのピアノの演奏は、より暖かい音色ながらバランスと原曲の装飾を保持しながらも、魅力のあるスタイルを開発することができました。


2012年と2013年の夏には、ここイズナハールにある8世紀のお城で野外コンサートをやっていただきました。スペイン音楽といえばどうしてもフラメンコが圧倒的に人気があり、また田舎村であるため、地元の方々はクラシック音楽の知識があまりなく、コンサートが成功するかどうか心配でしたが、300人ほどの方々が集まってくださいました。

厚い石の壁に音が反射し、上が筒抜けになっているために音が空に響きわたりました。夜の10時から始まったコンサートは、満月の美しい夜空の下で2時間ほどで終了。アンコールもあり、本当に神秘的な時を皆で過ごしたという感じでした。
スポンサーサイト



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

プロフィール

村串マイテ

Author:村串マイテ
My AndaluciaFC2ブログへようこそ!
私、海外永住暦25年。人生の半分以上を日本国外で過ごす、まさしく浦島花子。日本からイギリスへ、イギリスからスペインへ。それもなんでまたこんな田舎のアンダルシアでプチ・ペンションなんか経営しているのでしょう。そうなんです、私はストレス、プレッシャーの多いロンドン金融業界から足を洗い、プロのシェフの主人と二人で一緒に情熱を持ってできる新しい道を切り開こうという夢が種となってふくらんだのです。
畑を自分たちの手で肥やして大事に大事に無機農薬・オーガニック方法で育てたトマトは真っ赤で丸々。ピーマンもナスも少しへんてこな見かけですが、味がとても濃い。5歳の息子もおなかがすくと畑へ行って、赤々したチェリートマトをもぎってその場でせっせと食べています。
スローライフって体にも心にもいいですね。おかしな日常生活のエッセイ、スペイン料理のレシピー、のんびり子育ての話、日本・スペイン文化の比較など豊富な課題を掲載させていただこうと思います。是非私のブログを読んで下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR