FC2ブログ

スペイン・アンダルシアの田舎暮らし

オリーブ畑に囲まれたプチ・ペンション経営 - スローライフ紹介

スペインで初出産体験記 その1

あきらめる、ギブアップ、という言葉は自分の辞書にはないと思っていました。でも5年も子供ができないとなると大きな高い壁に突き当たり、あきらめる、という言葉を真剣に考慮しなければならなくなりました。

子宮内膜症もちなので、数年かけてあらゆる検査、治療、手術など何度もした経験があります。そのつどずいぶん期待は高まりました。それでも妊娠しない私に医者は、不妊治療の体外受精の方法を考えたほうがいいかもしれないですね、とつぶやきました。これについて医学上の情報を召集したり主人と長々話し合いをしましたが、否定的、悲観的な問題も多いので結局あきらめることにしました。自然に起こらない出来事には科学では証明できない何かの理由があるのだと、悲しみながらも自分の心に言い聞かせていました。あきらめる、というか一度すっかりこの問題を頭や体から取り除く、ということでしょうか。

これがきっかけでスペイン移住の計画を進め始めたのです。おかげで自分のエネルギーや情熱をこのプロジェクトのための研究や計画の方にうまく費やすことができました。こうなると時計の動きははやくなるものですね。おかげさまでこの計画をはじめてから2年半後の2004年11月に長男のかいが生まれました!

この様にブログに書いてみると本当にあっという間に感じられますね。でも実際の状況は出産までばたばたでした。。。

まず、妊娠を確認したころはすでに2003年の3月で、プチペンションオープンを目標に改築の工事ははかどっていました。あとはどこで出産をするかが大の問題となりました。私の日本人の友人の義理のイギリス人の娘が、スペインのマラガにあるお産婆さん学校で講師をしていたのですぐに連絡を取りました。すると彼女は、“まき、もし自然派のお産を望んでいるのだったらスペインで出産しないでイギリスでしなさい。スペインは薬漬けよ”とのアドバイス。薬漬けってどういうことなんでしょうか、ひやひやしました。

よく話を聞いてみると、例えばイギリスでは分娩する女性の権利が尊重されている国なので、その女性が希望する分娩方法や痛み止め方法を選択できる(医学上問題でない限り)のが通常です。だから、硬膜外麻酔などの無痛分娩法を希望する女性は案外少ないようです。お産婆さんもあまり推薦しないようですね。イギリスの病院では酸素と笑気ガスの混合のエントノックスガスが準備されていて、大半の女性はこの痛み止めだけを希望するケースが多いようです。

その後、ちょっと心配になった私は、彼女の知り合いで自宅出産を手伝う助産師がマラガにいらっしゃるというので、このオプションも考えました。さっそく連絡してみると、費用が高いだけでなく、デメリットも多く逆にもっと心配になってきました。その上、この助産師の方はすでに近々リタイヤされるところだったので、タイミングも悪かったようです。。。

スペインに住むオランダ人の友人が私よりちょうど2ヶ月くらい早く妊娠を確認していたので、今度は彼女に相談しました。でも彼女はプライベートの健康保険に長年積み立てていたので、プライベートの病院で安く出産できるそう。私の場合はイギリスの健康保険、プライベートと公共の両方に長年払い込んでいましたが、イギリスでお産をしない限りこちらは使えないということ。だから、やはりスペイン移住前にイギリスでお産をするのが一番納得できる回答だったのでしょう。

でも主人は、イギリスでの出産に大反対。スペインの家を購入するためにイギリスで持っていた家はすでに売り払っていたことと、改築工事をしている間の短期間(これが予定よりずいぶん延期。。。)は姉のところへ居候していたので、精神的に落ちつかなかったのでしょう。確かに自分の持ち家ではないところに、生まれたばかりの赤ん坊をつれてくるのは家族とはいえ迷惑ですしね。それに、主人はさっさとスペインに出発しないと、子供が生まれてからの状況や環境が変化すること恐れ、そして何よりも居候しているのが居心地がよくなってしまうのが心配だったのでしょうね。

愛ペルシャ猫、黒のラムシスと白のアイシス、そして、愛犬のポーランド・ローランド・シープドッグのカズースの合計3匹のペットのペットパスポートを準備し、自分たちの引越し荷物郵送を手配し、ペットの輸送を手配し、最後に片道の航空券の予約。。。

英国人と結婚していてもヨーロッパ人でない私日本人がスペインに移住するには法的な規制がありました。でも私たちのようにスペインに家を購入したという行為は投資と認められ、また小さな会社を設立したので基本的には問題はありませんでした。ただ、移住条件でスペインに入国するときには、入国前に移住ビザというものを取得しなければいけません。これが基本的には単純なプロセスなのですが、相手はスペインのお役所。ルール通りに申請しても予定より3倍の時間がかかってしまいました。その間に私は妊娠30週目。移住ビザをいただいたきイギリスを出発するときはすでに32週目。危ないところでした。

2004年9月16日、午後2時。主人と私、おなかの息子、猫2匹、犬1匹の皆で無事にマラガ空港に到着しました。疲れた。。。
スポンサーサイト



テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

プロフィール

村串マイテ

Author:村串マイテ
My AndaluciaFC2ブログへようこそ!
私、海外永住暦25年。人生の半分以上を日本国外で過ごす、まさしく浦島花子。日本からイギリスへ、イギリスからスペインへ。それもなんでまたこんな田舎のアンダルシアでプチ・ペンションなんか経営しているのでしょう。そうなんです、私はストレス、プレッシャーの多いロンドン金融業界から足を洗い、プロのシェフの主人と二人で一緒に情熱を持ってできる新しい道を切り開こうという夢が種となってふくらんだのです。
畑を自分たちの手で肥やして大事に大事に無機農薬・オーガニック方法で育てたトマトは真っ赤で丸々。ピーマンもナスも少しへんてこな見かけですが、味がとても濃い。5歳の息子もおなかがすくと畑へ行って、赤々したチェリートマトをもぎってその場でせっせと食べています。
スローライフって体にも心にもいいですね。おかしな日常生活のエッセイ、スペイン料理のレシピー、のんびり子育ての話、日本・スペイン文化の比較など豊富な課題を掲載させていただこうと思います。是非私のブログを読んで下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR