FC2ブログ

スペイン・アンダルシアの田舎暮らし

オリーブ畑に囲まれたプチ・ペンション経営 - スローライフ紹介

スペインー日本交流400周年

姓「日本=ハポン」の歴史

4世紀以上ほど経った今日、アンダルシア地方、セビリア県の小さな町、コリア·デル·リオには、"日本"や日本という言葉に関係した姓名を持っている住民が636人もいる。古い物語がこの謎を解決しようとしますが、まだ正確な起源がわかっていない。

1613年 、藩主伊達政宗(1567年から1636年)の仙台の支配権は、徳川家康の許可を得た後、新しいスペインとの貿易関係を開始するため(スペイン領であったメキシコ)、日本への宣教師送信の目的で欧州(スペイン、ローマ)への委任を送信することを決定した。このミッション、は、侍支倉常長(1570~1621年)とスペイン人フランシスコ修道士ルイス·ソテロによって導かれた。
 
ミッションは、1614年10月にコリア·デル·リオ、セビリアに到着し、支倉はマドリードで洗礼を受け、ローマを訪れた。本使節団の派遣はスペインに対する日本からの最初の公式な使節団の派遣であり、日西関係の端緒となる重要な出来事として記録に残っている。 支倉常長は、コリア·デル·リオで数年滞在した後、1620年に日本に戻った。旅は7年間続いた。この歴史的出来事が日本人がスペインに初めて到着した理由であった。

キリスト教が日本で抑圧され、信者は処罰されるという日本に帰国することを恐れ、セビリアの町に住むことを決心した日本人が数人いた。その後、現地の女性と結婚し子孫を持った。日本人の父の奇妙な名前の書き方をよく理解できない当時の牧師は、新生児の父親の出身国の名前”JAPON=ハポン”と性を名づけ、最も簡単な解決策を選択した。

中国科学省は、慶長遣欧使節団が出発した日本列島の北西の日本人と、”日本”という姓を持つコリア·デル·リオの住民の遺伝形質に何か関係が存在するのかどうか、DNAを比較するための研究に資金を提供している。この実験において二つの共通点に重視し志願者を選択した。400人の住民の血液サンプルを比較するために、コリア·デル·リオの住民であることと、”JAPON=ハポン”、という姓名を持っていること。名古屋大学の科学者たちは、DNAを解析する研究を行なっているが (2013年10月)、結果は1年くらいかかると推定されている。

慶長遣欧使節団の旅



スポンサーサイト



テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

元気になるために食べてしまおう。

チョコレート・タルト

ここスペインアンダルシアのコルドバ県でも12月~2月は雨も多く、雪が積もる日も何日もあります。今年はまだ雪は落ちていませんが、霜の降りる日はもう数日もありました。

こんな冬の寒くて雨の多い時期には、おうちで子供とケーキやパン作りが最適です。心も体も元気の素が足りたくなりますので、ちょっとカロリーが高くて心配になりがちですが、 Merienda(ティータイム)にこのチョコレート・タルトを少しだけいただくと、元気が沸いてきます。また、ダークチョコレートを使うので、甘すぎず上品な味に仕上がります。

小麦粉を使用しないので、粉アレルギーの方にもOKです。

Tarta de Chocolate con avellanas
(チョコレートとヘーゼルナッツのケーキ)
By 夫のシェフ クライブ

24~25cmのケーキ型、又は6cmの型6-8個


材料
ヘーゼルナッツ250グラム
ダークチョコレート250グラム
バター250グラム
砂糖250グラムヘ
卵6個


作り方
1。鍋の中にお湯を入れ、その上にチョコレートをボールに入れて溶かし、ヘーゼルナッツ   を混ぜる。その後少し熱をさます。
2。砂糖とバターをフワフワで光ったクリーム状になるまで混ぜる。
3。ゆっくりと卵を1個ずつ混ぜていく。
4。少し冷えたチョコレート・ミックスに3。をそっと混ぜ合わせる。
5。バターをぬって粉をかけたケーキ型に4。を流し込む。
6。オーブンを200 ° C/400 ° Fの/ガス・マーク6に前もって暖め、15分ほど焼く。くしを差  込み、焼き加減を確認。くしに何もつかなかったら焼き終わり。オーブンから出し、ラック  に置いて冷ます。
7。ホイップクリーム、クレム・フレッシュ、フルーツ・クーリ、またはアイスクリームと一緒にイ  チゴやらラズベリーなどを添えてお皿に飾る。

通常、焼きあがった時には真ん中の部分に穴が開いたり、沈み込む場合がありますが、焼きが悪いわけではないのでご心配なく。


暖かいデザートとしてもおいしくいただけます。冷蔵庫には入れず、室内温度で召し上がってもおいしいです。¡Buen provecho!

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

8世紀のお城で野外クラシックコンサート

日本人ピアニスト


プログラム

2012年ピアノコンサート
新聞記事リンク(スペイン語)

YouTubeでコンサートのクリップがお聞きに慣れます。
http://www.youtube.com/watch?v=TA81RW9SusM(シューベルト)
http://www.youtube.com/watch?v=LlAbSujWeA8(ショパン)

日本人ピアニストで友人の寺師真理子さんは、現在英国在住です。でも彼女は音楽の勉強を日本で終了された後フランスのパリへ渡られ、Germaine Meunier (ジェルメーヌ·ムニエ )の下で勉強を続けました。そして、Ecole Normale de Musique de Paris(エコール·ノルマル・ミュジク・デュ・パリ)で学位を得た後は。、Ivonne Lefébure(イヴォンヌ・ルフェビュール)と、フランスとロマンチック音楽の幅広い音楽的なレパートリーやプログラムを改善することを目指しました。

1983年には、Conservatorio Europeo de Paris(音楽院ヨーロッパ·ド·パリ」のマスターを取得し、それ以降、財団Cziffra(シフラ)の最優秀賞を受賞するほど、彼女の音楽の才能を認められた第一歩となりました。

1995年に英国にフランスから移動後、真理子さんはコンサートのシーンで定期的に活動され、最近では2枚のCD、「スカルラッティ、セイシャシュ、クープラン、ラモー"、と"お気に入り"を録音しています。チャリティーコンサートやボランティア、音楽教育のほうも忙しく活動され、ポーランドの体の不自由なアマチュア音楽家とその家族で成り立つオーケストラのチャリティー・グループの創立者の一人でもあります。

その後、彼女はHuguette Dreyfus(ユゲット·ドレフュス)、この時代で唯一有名なチェンバリストと共に、フランス音楽とチェンバロ(ラモー、クープラン)のための勉強を続けました。彼の厳しい教えの下で、真理子さんのピアノの演奏は、より暖かい音色ながらバランスと原曲の装飾を保持しながらも、魅力のあるスタイルを開発することができました。


2012年と2013年の夏には、ここイズナハールにある8世紀のお城で野外コンサートをやっていただきました。スペイン音楽といえばどうしてもフラメンコが圧倒的に人気があり、また田舎村であるため、地元の方々はクラシック音楽の知識があまりなく、コンサートが成功するかどうか心配でしたが、300人ほどの方々が集まってくださいました。

厚い石の壁に音が反射し、上が筒抜けになっているために音が空に響きわたりました。夜の10時から始まったコンサートは、満月の美しい夜空の下で2時間ほどで終了。アンコールもあり、本当に神秘的な時を皆で過ごしたという感じでした。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

村に訪れた信じられない死

19歳の若者で友人の息子のJAが突然の悲劇な事故で亡くなってから、かれこれ1年がたちました。私たちも彼が小学校高学年のころから知っています。今現在も、なぜこんな将来に期待のある優等生で家族思いの彼が亡くなる事になったのか理解ができません。本当に人生って不公平だ、と思います。

2013年1月1日。JAはガールフレンドと大晦日のパーティーに行き、朝までわいわいやっていました。大学では薬学部の2年生。小さいころからしっかりした子で、お母さんのカルメンとはべったり。毎週末に大学の寮からこちらの村に帰ってきていました。大学生活の話を聞くと、将来やりたいことははっきりと決まっていて、それを目指しがんばっていたようです。でも勉強ばかりでなく、学生生活を十分エンジョイしていたようです。

大晦日のパーティーで結構飲んでいたらしく、飲酒運転をしたくないからといって、お母さんに迎えに来てくれるように電話をしたのが新年の朝7時。お母さんは息子と彼女を迎えにすぐに待ち合わせ場所に飛ん行きました。

イズナハールの湖の道路沿いには駐車ができるほどのスペースがあり、車をターンすることもできる場所があります。ここでJAとガールフレンドはお母さんの車に乗り込みました。JAは後ろに飛び乗り、ガールフレンドは助手席に。皆シートベルトをして出発準備完了。気温1度。

カルメンは車をターンしようとしたその直後、滑ったのか、車に何か故障があったのか、ガードレール超えて崖から湖へ急激に転落。カルメンとJAのガールフレンドは車から外へ何とか逃げ出せたけれど、JAの姿はありませんでした。びしょぬれになった二人は道路へよじ登って行き助けを呼びました。この時、友人のカルメンがどんな気持ちで、頭の中には何が浮かんでいたのか想像もつきません。

3日後、警察のダイバーたちがやっと湖底70メートルに沈んでいたという車を発見。前がめちゃくちゃに壊れたカルメンの車が水上に3時間もかかって引き上げられました。中にはJAの遺体が。。

遺体は解剖検査をするためにコルドバの病院へ。数時間後にわかったことは、JAは車が転落しているときに頭を強く打ってた様子で、湖に沈んだときにはすでに気絶していたから、苦しんではいなかっただろう、という結論。カルメンは少しだけでも気が楽になったようでしたが、こんな形で自分の子供を失った母親のつらさは誰にもわからないでしょう。

私自身も母親として、カルメンの友人としてささげたい言葉はたくさんありました。でもなかなかうまく表現できず、その上、事故直後にたくさんのご家族などが大勢彼女たちを励ますために訪れていました。イズナハールの町や湖辺りは報道者たちや警察でもう大勢人であふれていました。迷惑にあるだろうし、私は逆に遠くから彼女たちを見守ってあげたほうが精精神も心にも負担がないのではないかと思い、カルメンのご家族に私が書いた一筆をささげることにしました。

JA,何も心配せず安らかに眠ってください。ご家族を上からそっと見守ってあげてください。

Una semilla

El mundo nunca puede notar
Si una semilla no crece.
Ni siquiera una pausa para pensar
Si los pétalos se caen demasiado pronto.
Pero siempre que las formas de vida
O alguna vez llega a ser
Ilumina el mundo
Por toda la eternidad.
Sólo por un momento,
Fue allí y se fue rápidamente.
Pero el amor que se sembró entonces
Es una vida que todavía crece.
Y aunque los campos están vacíos
Nuestros corazones saben qué hacer.
Todos los mares de las flores que se encuentran
Nos recuerdan de nuestra afección por ti.

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

少し違ったクラシック/モダン音楽コンサート

keiko (640x514) (500x402) (400x322)
KaMMusik

竹下敬子さん(フルート)と高木まさゆきさん(ギター)のペアー、”KaMMusik”はスペイン在住もかれこれ20年以上。お二人ともマドリッドのREAL CONSERVATORIO SUPERIOR DE MÚSICA DE MADRID(王立マドリッド音楽学校)で一緒に勉強された同級生です。もちろんお二人ともスペイン語もぺらぺらで、敬子さんはこれまで国内のオーケストラのフルートのソロとして活躍され、まささんも世界各国のギター国際フェアやスペインでのコンサートシーンでもベテランのお二人です。現在二人は個々違う都市で、音楽学校で先生をされながらスペイン国内を中心に個々やペアで音楽活動をされています。

今年の8月の終わり夏の終止符を打つのが目的で、イズナハールのお城に招待しました。ところが、コンサート開催時間の夜8時くらいからお城の敷地内で風が強くなり、もしかして野外コンサートができないのではと心配になりました。楽譜が飛んでしまうのと、楽器に砂やほこりが入ってしまうので、これはだめかと。。。残念ながらコンサート開始時間になっても風はおさまらず、急遽コンサート会場を変更しなくてはなりませんでした。どんどんお客さんは増える一方で、皆さんがお城での響きのいい音楽を聴きに来てくださったのに期待はずれになってしまうのではと、こちらはどきどき。

幸いにも、お城のお隣にある図書館は古い建物を改造したもので、天井が高く、小さなギターのリサイタルや音楽学校の子供のコンサートをこの場所で開催したことがあるので、音響がよい事は確認済みでした。お二人も大変残念がっていましたが、コンサートが台無しになるよりいいから、とまるで明るいスペイン人の様!

サウンドチェック。アンプがなくても音が遠くまで届き、石の壁と天井の高さにささえられ音響が抜群。お客さんも大きなお城からどんどん移動してきて、小さな図書館の入り口に行列を並べていました。

お二人はスペイン人の受聴者も慣れているので、選曲が面白かったです。クラシックだけだと飽きてしまうだろうと、ブラジルのサンバ、スペインのセレナーデやフラメンコ、日本の童謡や坂本龍一までと、バラエティーに飛んだコンサートでした。時々まささんが、曲の説明をしたり、駄洒落をいれたり、受聴者をコンサートに引き入れるようなリラックスた環境でコンサートを進行してくださいました。

来年は今度こそ8世紀のお城の敷地で野外コンサートを!

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

プロフィール

村串マイテ

Author:村串マイテ
My AndaluciaFC2ブログへようこそ!
私、海外永住暦25年。人生の半分以上を日本国外で過ごす、まさしく浦島花子。日本からイギリスへ、イギリスからスペインへ。それもなんでまたこんな田舎のアンダルシアでプチ・ペンションなんか経営しているのでしょう。そうなんです、私はストレス、プレッシャーの多いロンドン金融業界から足を洗い、プロのシェフの主人と二人で一緒に情熱を持ってできる新しい道を切り開こうという夢が種となってふくらんだのです。
畑を自分たちの手で肥やして大事に大事に無機農薬・オーガニック方法で育てたトマトは真っ赤で丸々。ピーマンもナスも少しへんてこな見かけですが、味がとても濃い。5歳の息子もおなかがすくと畑へ行って、赤々したチェリートマトをもぎってその場でせっせと食べています。
スローライフって体にも心にもいいですね。おかしな日常生活のエッセイ、スペイン料理のレシピー、のんびり子育ての話、日本・スペイン文化の比較など豊富な課題を掲載させていただこうと思います。是非私のブログを読んで下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR